NEWS

"世界のTK" 高阪剛「TKシザース」Tシャツを販売開始

2023年7月、東京に誕生したグラップリングファイトチーム=Tokyo Submission Fightingは、ヘッドコーチに"世界のTK"こと高阪剛氏が就任することが決定致しました。

現在、赤坂にある総合格闘技道場「ALLIANCE」を主宰している高阪氏は、中学入学と同時に柔道を始め、高校、大学、社会人と柔道漬けの毎日を送ってきましたが、東レ滋賀を退社後、1993年に前田日明氏が代表を務める「RINGS」に入門。1994年にプロデビューを果たしています。

1998年からはアメリカに渡り、総合格闘技界における世界最高峰のプロモーション「UFC」に参戦。世界中の強豪たちと激闘を重ね、一躍脚光を浴びました。

日本に帰国後は、2003年にパンクラス・スーパーヘビー級の王座を獲得。その後も「PRIDE」や「RIZIN」において、世界のトップファイターらと激闘を繰り広げ、日本人のヘビー級選手として唯一無二の存在となりました。

2022年4月には、RIZINのリングで極真空手世界王者・上田幹雄選手と引退試合を行い、KO勝利で有終の美を飾って現役生活に別れを告げました。

今回、Tokyo Submission Fightingでは、高阪氏のヘッドコーチ就任を記念し、その代名詞である「TKシザース」Tシャツを販売致します。

ボディカラーは、ホワイト、ブラックの2色。5.6オンスの厚めの生地で、首まわりの縫製に「ダブルステッチ」を採用。丈夫な襟元を実現した長く愛用できる一枚になっており、サイズは、M、L、XL、XLLの4種を展開します。

Tシャツは、7月24日(月)発売予定

サイズ:M、L、XL、XLL
TKシザース写真:長尾進氏
価格:7,700円(税込み)※送料別