NEWS

伝説の瞬間! アントニオ猪木の生涯ベストサブミッションをTシャツに

Tokyo Submission Fightingでは、アントニオ猪木の新デザインTシャツを発売します。

どんな試合もサブミッションによる一本決着を理想とし、「Don't leave it in the hands of the judges.」(勝敗をジャッジに委ねるな)というスローガンを掲げる「Tokyo Submission Fighting」が選んだ猪木の生涯ベストサブミッションは、敵地パキスタンでアクラム・ペールワンの左腕を破壊したアームロックです。

1976年12月12日(現地時間)、パキスタンのカラチ・ナショナルスタジアムで行われた伝説の一戦は、同行した“関節技の鬼”藤原喜明が「未だに怖くて映像が見れない」と語るほど緊迫した中で行われたリアルファイト。ここで“キラー猪木”と化した猪木は、現地の英雄の目をえぐったほか、カール・ゴッチ直伝のシュートファイトテクニックを遺憾なく発揮し、最後はアームロックでアクラムの肩を脱臼させることにより決着をつけたのでした。

今回発売となるTシャツは、そんな歴史に残すべき瞬間をシンプルに切り取ったデザインが特長。これ以上の言葉は不要であるという想いから、Tシャツのフロントからロゴやテキストの類は全て排除し、その一方でTシャツのバックには、「Tokyo Submission Fighting」のスローガン「Don't leave it in the hands of the judges.」を大きくプリントしています。

Tシャツのボディは、SCREEN STARSの5.6オンスを採用。なめらかな肌触りのコーマ糸を使用した丸胴仕様により、着心地よい仕上がりになっています。サイズはM、L、XLの3種。税込み7,700円(送料別)で数量限定販売です。